--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.18 *Sun

私とマリアのお話、そのに。

Re_birthday...
【Re_birthday 場当たり中、袖中から!】

皆様こんばんは。

さて今日も昨日に引き続き、私とマリアの話のお話です。



オーディションの後、緑の娘・マリアという大役をいただくこととなった私ですが、本当に大変なのはそこからでした。

前にも言いました通り、マリアはミクをベースとするキャラクターです。
そのため私が彼女に対してまず持ったイメージは、純粋可憐天然の3つでした。
まぁ一括りに「可愛らしさ」と言ってしまっても良いのですけどね。

ところが、です。
非常に残念なことがありました。
それは、先ほどあげたイメージのどれもが素の私には当てはまるものではなかった、ということです。
さっきと同じように私の事を言うとすれば……きっと、冷静腹黒毒舌くらいが妥当なところ。
他人から「可愛い」などとまず言われることのない私にとっては、非常に重大な問題でした。

それこそ「可愛いって何?」と考えすぎて寝られなくなった日があった程。

それからは劇団や学校の女の子たちの仕草や話し方などを見て勉強する毎日。
……周りに可愛い子がたくさんいる環境で本当に良かったと思いましたwww

ですが、やはり今まで自分が持っていなかったそのイメージをどのように身につけて演技の中で表現していくかということには最後まで苦労しました。

まぁ…当日見に来てくださった方に「可愛い」と言っていただけたので、私の役作りは間違ってなかったのかなと少し安心しています。
外見的にはメイクでかなり化けてたんですけど!!



それでもきっと、私はあの子、あの子は私になれてた、はず。



でもマリアに必要なのはそれだけではありません。
彼女には可愛らしさの他に、召使と青の王子を一度に一目惚れさせるほどの魅力、そして、歌姫という肩書に相応しい歌声も必要なのです。


つまり私が演じた緑の娘・マリアは、私が想像していた以上にとても多くのことが求められる役なのでした。


…ん、歌についてはまた今度書こうっと。

なんかちがう。
【場当たり中、じゅえりんの持っているものがおかしい。勿論後で仕返し済み★】

さてさて演技に入る前の役作りの面で大変なことは大体書いたのですが、それとはまた別に、舞台中でも大変なことはありました。
もちろん歌もとても緊張したし、召使に殺されるシーンも演じていて精神的にとてもキツイものがあります。
ですが、それ以上にもっと大変なことがあったのです。
それは……


感情の糸を切らさないこと。


これは役者にとって必要不可欠なこと。
その位いくらお芝居初心者の私でも解ります。
でも…でも……

私の出るシーンの直前とかに限ってギャグシーンがあるんですもの!!

別にパーティーとか酒場とか、比較的明るいシーンはいいんですよ!
でもね、マリアが召使に殺されるシーンの直前にもあろうことかギャグシーンが入っているんですよwww
しかも舞台中でも3本の指に入るくらい大きな規模の、佐藤さんと田中さんによる漫才がwwwwwwww
まぁ、私もそこの漫才大好きだし、そこでギャグをやっておかないと、事が終わるまでシリアスシーンが続きっぱなしになるので仕方ないんですけどね!
それに当日どちらの回でもお客様が笑ってくださったので、本当によかったと思っているのですが……

もう、ホントに、辛かったです。(真顔)

そのシーンの後に「いったい何が起こっているというの?!」というマリアの台詞があるのですが、劇団ブリオッシュ内では悪ノ×××最大のツッコミ台詞とされてましたwww
私はあくまで大真面目でシリアスなんですけどねー……
あれー……おかしいなー……なんでかしらー……\(^0^)/

あと、私たちの予想とお客様の笑いどころが違う時も結構「え?www」ってなってました。
自分の関連していた所では…そうですね……
青の王子が上記2名に襲われかけてたマリアを助けに颯爽と現れたところでしょうかwww
まさかそこで笑いが来るとは……非常にビックリでしたwww


こういうことがあるから、舞台って怖いんですよね……。
でも、だからこそ楽しくってやめられない!!
これこそ舞台の魔力なのでしょうね、きっと



まぁ、とりあえずこんなところでしょうかね?
それでは今日はもう遅くなりましたのでこの辺で。
長々とお読みくださりありがとうございました!
舞台が終了して1週間経ちましたが、多分書きたいことがなくなるまで裏話は続きますので、もう少々お付き合いください。

明日からまた学校。
しっかり頑張ってこようと思います!!


追記はコメントのお返事です。
>おぎの様
確かに天然さんなマリアならこんなことやると思いますwww
自分でやっておいて何ですが、私もこの写真は非常にお気に入りですよ!
たまには普段やらないようなことをやってみるのも……いいものですねw



>空さん
そう言ってくれてとっても嬉しいです!
透き通るを通り越して消え入りそうな声になってたのでは…とちょっと不安でもありますが;
今はマリアをやれてとても良かったって思ってます。
本当にありがとう

またいつか……もう一度できたらいいのですけど、ねw



>おにぎり様
そうですねー…私が本気で踊れるのってRe_birthdayのところだけですからwww
それなので自分のソロのところは振りも自分で付けさせてもらったんですよ!
夜の部にお越しでしたか!
千秋楽は私も舞台に立ってて泣きそうでした。
本当にご来場いただき感謝しております!


皆様コメントありがとうございました!!
CATEGORY : 舞台裏話

COMMENT

なるほど
でも、私はシヅキさんにも可愛らしさがあったからあのマリアが出来たと思いますよ!
後、裏話はとても興味があるので、終わるまで付き合いますよ♪( ̄▽ ̄)ノ″
2010/04/19(月) 20:47:33 | URL | おにぎり #NzGOGLVo [Edit
No title
舞台お疲れ様でした!!

緑の娘マリアは本当に役が出来上がってるなぁと思いました!
理由は
なじみやすい=自分じゃない誰かが考えていた緑の娘の性格が作り上げられていた。
ということです!

私もはしくれではありますが、演者をしています。
が、やはりお客様が考えているキャラを考えて組み立てることって本当に大変なんですよね。
ましてや既成の、それも日本のたくさんの人たち、色々な年代の人が見ていたキャラクターを作るなんてもっと大変だったと思います。

本当にお疲れ様でした。

裏話、終わるまでみますww
もっと衣装についてもききたいですww
2010/04/19(月) 21:26:44 | URL | るこ #- [Edit
舞台お疲れ様でした
夜の部を観劇した者です。見に来てよかったなあと大満足でした。
あのツッコミ台詞は観客全員の気持ちだと思います。まったくだと(笑)。

 
 
2010/04/19(月) 22:02:07 | URL | matatab1 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

シヅキ

Author:シヅキ

8月27日生まれの0型
都内の大学に通う大学生。

大人しく見えて大人しくない。
お裁縫と踊ることが大好きです。

mixi、twitterにも生息中。

悪ノシリーズ舞台化企画
「劇団ブリオッシュ」に参加。
2010年4月11日(日)
『悪ノ×××』では
緑の娘・マリアを演じました。

公演は無事終了。
ご来場ありがとうございました!



ひとりごと。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © La lune histoire. All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。