This Category : 舞台裏話

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.17 *Sat

私とマリアのお話、そのいち。

皆様こんばんは。

今日は私が演じた役、緑の娘・マリアについてのお話です。
まぁ役について…というよりも、今回はオーディションの時のお話ですね。
多分長くなると思われますのでご注意くださいwww


今回の悪ノ×××では、劇団内のオーディションで配役を決定しました。
役者がやりたい役を挙げ競い合うという形でしたので、今回メインを務めた役者はみんな初めからその役をやりたいと思っていた人達ばかり。

……ただ、私は違いました。

当時私は緑の娘ではなく別の役を希望していたのです。

それはメインではないけれど殺陣のある、ポジション的には赤の剣士の部下に当たる女兵士の役でした。
「自分の得意とするダンスの動きがきっと活かせるはず」
それが自分にとってふさわしい選択であり、やるべきことである、と考えていました。
それなので自分が緑の娘をやるなことになるなど、全く予想もせず……
むしろそんな重要な役、芝居の面では初心者の私にできるはずないとも思っていたんです。
勿論、オーディションも最初のうちはそのつもりで受けていました。

しかし、実際の舞台をご覧になった方はもうお気づきでしょう。
悪ノ×××』の中には女兵士は登場しません。
台本の改編に伴い、その存在自体が無くなってしまったのです。

……とても驚きました。
だって自分がやりたかった役が消えてしまったんですから…
私はどうすればいいんだろうって思いました…。


でもよりよい台本に、舞台にするためには仕方のないことだし、当然のことなのです。


それから私は色々な役のオーディションを受けました。
王女召使、そして赤の剣士
…多分、オーディションを受けた役の数は私が1番多いと思いますwww

もちろんどの役も一生懸命、自分が役をとるつもりで臨みました。
確かに演技はまだまだ上手くできないけれど、ここまで来たらもう誰にも負けたくありませんからね。

……でも、私には無理でした。


王女にしては大人っぽすぎる。
召使にしては動作が女性的すぎる。
赤の剣士にしては声も雰囲気も弱すぎる。


結局どれも最終オーディションには残りませんでした。
まぁ、自分でも解ってはいましたが……召使は演じていて楽しかったので残念でしたね;
特に王女と入れ替わった後「この無礼者!」という台詞がお気に入りでしたw

そして1番最後。
緑の娘のオーディションを受けるように言われました。

その時は、正直なところ「私が緑?!」と、軽く思考回路がショートしかけました。
だって緑の娘ミクですよ?
そんな可愛らしい役……私には不釣り合い…………
それに、初めから緑の娘をやりたいと思っている人もいるのに、今更私なんかが加わっていいのか……
何とも言い難い、非常にフクザツな気持ちになりました。

ですがそう思ったのはその時だけでした。
後はもう、全力を尽くすしかありません。

確かに初めは違ったけれど、今は私も緑の娘として舞台に立ちたい。

それは本当に本当で。
そこからはただ必死でした。



そして私は……緑の娘になったのです。



……とりあえず今回はここまで。
ここまでお読みくださり本当にありがとうございました。
何だか独りよがり&硬い話で申し訳ないのですが、私の中での整理の意味もこめて、あと1回(?)続きますw
だって裏話って今のうちしか書けないでしょっ?

最後はちょっと遊んでる写真www
何をするにしても非常に邪魔なツインテールでしたwww

ついんてーる♪

頭重かったし、こまめなブラッシングが欠かせなかったけど……楽しかったからいいかなって思いますw



今日はようやくお部屋のお掃除ができました!
舞台終わってすぐに学校が始まったので時間が取れなかったんです……
でもようやく片づけることができて本当によかった
きっとこれで頭の中もクリアになるハズ!

明日は部活の同学年メンバーとショーの打ち上げしてきます。
学校の友達とカラオケ行くのは初めてだなぁ……
でも残念なことにjoysoundじゃないと歌えない子ですwww
……大丈夫なのかな!!www

それでは皆様、おやすみなさいです。
CATEGORY : 舞台裏話

2010.04.15 *Thu

衣装のお話。

全員集合!

劇団ブリオッシュ役者陣、18人全員集合


今回は衣装のお話です。


悪ノ×××の舞台を彩る衣装の数々。
もちろん私服を持ち寄ったものもありますが、衣装リーダーの鞠遊びさんがデザインしたオリジナルの衣装もたくさんあります。
特にメインの人たちの衣装はほとんどが手作り!

夜の部のご挨拶の時には申し上げましたが、私もその一員として衣装を制作しておりました。


私が制作した衣装は

召使の上着・ズボン・マント
緑の娘のパーティードレス・平服
踊り子の衣装×2

以上、大きく分けて5着
……こうして書き出してみると、よく作ったなぁ…と思いますwww
本当はこの他にもう1着別件で使用したものも作っていたので、計6着……
学校が春休みだったからこそできたことだなと思いました。


召使の衣装は18世紀フランスの男性貴族服、アビ・ア・ラ・フランセーズがベース。
けれども召使ということで、当初服の飾りは3本の黄色のラインだけだったのですが、しうかさんのイラストを見ると襟周りにレースが付いているではありませんか!www
急いでレースを黄色に染めて縫いつけましたw
箱ポケットは初めて作ったのですが……人間やればできるものですねwww
最後の最後に構成が解らなくなって1番製作期間を要した衣装でしたが、可愛らしくも格好良い衣装になったのではないかと思います。


緑の娘…つまり自分の衣装について、まずはパーティードレスから。
緑の娘のドレスの布、実はこれが1番探すのに苦労しました。
自分が想像している黄緑色に合うものがなかなか無くて……結局はサテンの裏を使っています。
なんだか手触りがちりめんっぽい感じで面白かったのですw
基本的にデザインは踊り子たちと同じですが、切り替えやリボンにはベロアを使って少しだけ高級感を出しています。

平服は「ジゼル」等バレエの村娘衣装がベース。
上半身の深緑の部分は、もとは着物でしたw
中に履いているパニエにはチュールを8メートル程使ってます。
一応白と黄緑の2色。
見えないところまでちょっとこだわってみましたw


踊り子たちの衣装はバレエの衣装そのもの。
白サテンをベースに、黄緑と緑を差し色に使っています。
本当はこの差し色は2人とも同じ色にするつもりだったのですが、黄緑色のオーガンジーを見た瞬間「あ、これはにんちゃん用だ」と思って色を変えることにしましたwww
やっぱりその人のイメージに合った衣装を作りたいですからね。

緑の国は結構私が好きにやらせてもらっていて、

にんちゃん…黄緑
雪ねえ…
私…深緑


…という色のイメージで作りました。
おかげで踊り子衣装は春キャベツサニーレタスという異名がつきましたが、とても勉強になりましたwww


あと私はRe_birthdayの衣装統括もさせていただきました。

Re_birthdayでは「生まれ変わり」を表現するために、生まれ変わった5人以外は全員黒の上下+バラのコサージュで統一してあります。
なぜみんな黒づくめなのでしょう?
もちろん色を揃えることで格好良く見せたり、コサージュの色を引き立たせる意図もあります。
ですが私があの黒い服に込めたのは喪服としての意味でした。
この物語の中で死んでいく人たちへの弔い、そして生まれ変わるために必要不可欠な死。
それを表現するために黒という色を使ったのです。

……多分、ここで言っておかないと解っていただけなかったと思いますがwww


非常に長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます;
私は今回衣装関係の仕事ができて本当に楽しかったです。
もちろん制作中は何日も徹夜して大変だったけれど、みんなの役に立てた今ではその苦労も苦ではないと思っています。
皆様の感想を見る限り、本編は勿論、衣装の面でも皆様に楽しんでいただけたようで嬉しい限りですし

衣装部の皆さん、本当にお疲れ様でした!


何だか文章がまとまってないけれど、もう眠いので寝ますw
おやすみなさい!


追記はコメントお返事です。

CATEGORY : 舞台裏話

2010.04.13 *Tue

名前のお話。

同じ名前を持つ3人。

…ということで、まずは名前のお話から。

今回の悪ノ×××では、ボカロの名前そのままではなく

◆王女……ローズマリー
◆召使……ロス・マリヌス(マリウス)
◆赤の剣士……メラニー
◆青の王子……キーファ
◆緑の娘……マリア

…という名前を使用させていただきました。
原曲を知っている方には馴染みが無い名前だったと思いますが、覚えていただければと思いますwww
一応召使以外はボカロとイニシャル同じですよw


劇中でも語られておりましたが王女と召使の名前は同じ意味を持つ言葉です。
ハーブの名として知られているローズマリー
その語源のラテン語がロス・マリヌス
そしてその意味は 『海の雫』
願いを込めて小瓶を流す海に全ては繋がっているのです。

そしてもう一つ。

劇中でロス・マリヌスが名乗る偽名マリウス
これは緑の娘マリアの男性形。
……つまりこちらも同じ意味を持つ名前です。


ローズマリーロス・マリヌスマリウスマリア


解りやすくするとこういうことですよね?www
そして召使は本当の名前と同じ意味の名を持つ王女を選ぶ……と。

……何だか凄いですよねwww
私も初めて聞いたときはびっくりしました。

私たちにとっても最初は馴染みのなかったこの名前。
でも深い意味のあるものだと知った今では本当にこの名前でよかったと思っていますw
皆様はいかが思われるでしょうか……?



追記はコメントお返事です。
CATEGORY : 舞台裏話

プロフィール

シヅキ

Author:シヅキ

8月27日生まれの0型
都内の大学に通う大学生。

大人しく見えて大人しくない。
お裁縫と踊ることが大好きです。

mixi、twitterにも生息中。

悪ノシリーズ舞台化企画
「劇団ブリオッシュ」に参加。
2010年4月11日(日)
『悪ノ×××』では
緑の娘・マリアを演じました。

公演は無事終了。
ご来場ありがとうございました!



ひとりごと。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © La lune histoire. All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。